人妻の誘惑 〜満たされない巨乳〜H:G:M:O

何かを探すようにとある街を歩く亜希さん。それに気づいた男たちが近寄っていく。「どうしたんですか?」親切そうに声をかける男たち。「わからなくなっちゃったんです」と道に迷ってしまったという。引っ越してきたばかりで自分の家がわからなくなってしまったという亜希。「それは困ったね〜」と何かヒントはないかと質問を重ねる男たち。何とかヒントを頼りに「じゃあ、案内しましょうか?」と家を見つけてあげることに。一週間前に引っ越してきたという亜希と世間話をしながら歩き出す。ようやく亜希の家を探し当てると「よかったら寄っていきますか?」とお礼にお茶を入れるという亜希。「旦那さんはいないんですか?」「仕事でいないから大丈夫よ」と男たちを招き入れる亜希。ソファーに座った亜希は良隣に座る男たちの体を触りながら「夜まで帰ってこないから大丈夫よ。」と男たちの手を取り自らのカラダに引き寄せる。「いいんですか?」人妻に誘われた男たちは大胆な行為に戸惑いながらも亜希のカラダをまさぐり出す。大胆に脚を広げパンティをチラつかせる。「大きいでしょ?」おっぱいを揉まれながら「もっと強くしてもいいのよ?遠慮しないで。」とブラジャー姿になる。男たちは言われたとおり巨乳を揉みくちゃにしていく。「イヤらしいな〜」舌を絡ませながら大胆に求めてくる貪欲さに一気に興奮してしまう男たち。「は〜、は〜、は〜すごくいい〜〜〜」あられもないほど大きく開かれた股間の中心をグリグリと刺激すると「あ〜、そこ〜イイ〜〜」と顔を歪めながら乱れていく・・・。街中で出合った人妻が道に迷って家に帰れなくなってしまったという。男たちは親切心から道案内をし家にたどり着く。日頃から欲求不満だった人妻は男たちを家に招き入れ大胆にも男たちを誘惑する。グラマラスなボディに魅了された男たちは人妻の誘惑を拒めず溺れていくシチュエーションプレイ物語。欲求不満の巨乳人妻に誘われて拒める男がいるのだろうか?98センチの爆乳をブルブルと揺らしながら快感を貪っていく淫乱妻。昼下がりの情事を存分にご堪能ください。

続きはこちら