水着の跡もクッキリの小麦色娘とドライブエッチH:G:M:O

水着の跡もクッキリの小麦色娘とドライブエッチH:G:M:O

男とドライブデートするまいちゃん。「今夜は何を食べようか?」と男が夕食の相談をすると「なににしようかね〜」と想像を膨らませる。「お昼はカレーだったでしょ?私はお魚だったけど・・・。ん〜〜何でもいいや〜」と笑顔を見せる。金髪に小麦色の肌、ミニスカワンピースと今にもパンティが見えてしまいそうだ。「何触ってるの?」股間に手を入れているように見えたのか男が突っ込むと「触ってないよ」と慌てて否定するまい。すると男は「その中にいいモノ入ってるよ?」とグローブボックスを指さす。「この中?」とグローブボックス開けると「あハハハ〜」と笑い出す。「おもちゃじゃん〜」と中に入っていたのは電動バイブだった。「なんでこんなとこに入ってるの?」と笑いながら男を咎めるまい。「友達にもらっちゃった」と見え透いた嘘をつく男を笑うまい。「そんなのくれる友達なんているの?変なの〜」と少し呆れ顔を見せると「使ってみなよ?」と男が促す。「ここで?」と突然の話に戸惑うまい。「だって、外から見られない?」と周りを意識してしまう。「平気だよ〜走ってれば。パンティ脱いで。」とバイブオナニーをさせたい男。「えっ?ここで?」と躊躇いながらもスルスルッとパンティを脱ぐ。「脱いじゃった」と恥ずかしがるまいに「好きなモノ使ってよ」と好みのバイブを取らせると男が試運転してみせる。「大丈夫だから、スイッチ入れてごらんよ?」男の言葉にスイッチを入れると「これ強い〜。力が抜けちゃうよ〜」と途端に顔を歪めて感じだしてしまう・・・。茶髪のギャル娘とドライブデートで羞恥プレイを愉しむ物語。バイブプレイで盛り上がった二人は車を止めその場で全裸に。男のピストンとともに車が揺れる・・・。水着のあとがクッキリと残る焼けた肌は男を興奮させる。ハメ撮り好き、羞恥プレイ好きにお薦めする作品。

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です